Topics

セキュリティ対策!ウィルスソフトでは何故ダメなのか…

c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s

マイナンバー導入で「セキュリティ対策」がとても大事になってきます。

「セキュリティ対策やってるよ!各パソコンにウイルスソフト入れてるから大丈夫!」

…本当にそれで大丈夫だと思いますか?

実はウイルス駆除ソフトでは  検知できるのはなんと約45%!と半分以下!
現状半分以上の約55%が検知できなく、素通りしています。

と、実は私もその事実を知りませんでした。
ウイルスソフト入れているのに、インターネットを見る為のブラウザに変なスパイウエアが仕込まれて勝手に色々な広告が立ち上がってくることもありました。
ウイルスソフトでスキャンしてもまったく感知しませんでした。
また別のソフトを使ってなんとかそのスパイウエアは削除しましたがある程度パソコンの知識がないとこのスパイウエアの削除は難しいわけです。

毎日のように新しいウイルスが作られています。
定期的にウイルスソフトのバージョンを更新して毎日のようにチェック行っていますか?
ほとんどの方が「新しいウイルスの更新」「毎日のウイルスチェック」を行っていないのが現実です。
よくあるのが「気づいたら契約期限切れていた!」なんて話もよくあります。

ウイルスソフト=入れているから安心

そう感じてる方が大変多いのです。

「だったら、マイナンバーを取り扱うパソコンをオフライン(インターネットに繋がない状態)にすればいいんじゃないか!」と思いませんか?
そのパソコン、社内LAN、プリンタを繋いでいませんか?
ネットワークが繋がれているのでそこのネットワーク網を使って・・・ウイルス侵入のおそれも。

「もうマイナンバーは鍵付きの金庫にいれてパソコンにいれて保管しないから大丈夫だよ!」
しかし・・・「給与ソフトは使ってますか?」と聞くと「使っている」とのこと。
マイナンバーは給与計算ソフトや申告ソフト等にも入力しないといけない為、パソコンを利用しますよね!
マイナンバー取り扱いと言うのはかなり企業にとって大きな問題となっています。

そういった小さな疑問・質問等もお答えします。

実際にお伺いしてお話を聞いた上での提案や、マイナンバーと絡めたセキュリティ対策のお話をさせていただきます。

和歌山県でUTMを利用したセキュリティ対策のことならお任せ下さい。

関連記事