マイナンバーについて

マイナンバー制度とは?

img_01赤ちゃんからお年寄りまで国民1人ひとりに12桁の番号が付く制度です。
個人が特定されないように、住所地や生年月日などと関係のない番号が割り当てられます。
マイナンバーは、一生使うものです。
番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、一生変更されません
住所が変わっても、マイナンバーは原則変わりませんので、大切にしてください。

平成27年10月以降
市町村から、住民票の住所にマイナンバーの通知が送られます。
平成28年1月から
社会保障、税、災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になります。

マイナンバーはどうしたらもらえるの?

平成27年10月以降に「通知カード」「個人番号カードの申請書・返信用封筒」「マイナンバーの説明書類」が簡易書類で届きます。
マイナンバーには2種類のカードがあり、最初に送ってくる「通知カード」と、顔写真入りの「個人番号カード」があります。
個人番号カードは申請は任意となります。顔写真付きの為、本人確認が1枚で出来ます。
img_04

マイナンバーのメリット

マイナンバーによる情報連携で、利便性・効率化な暮らし・公平公正な社会になるという3つのメリットがあります。
各機関が管理する個人情報が同じ人の情報であることを正確かつスムーズに確認するための基盤になります。
img_02

マイナンバーは何に必要なの?

マイナンバーは国の行政機関や地方公共団体などにおいて、 社会保障、税、災害対策の分野で利用されます。
img_03

●毎年6月の児童手当の現況届の際に市町村にマイナンバーを提示します。

お問い合わせ